Author: addminz | Date: 2015年4月22日 | Please Comment!

アトピーとは、どのような病気かご存知でしょうか?

この病気は皮膚疾患であり、強いかゆみや湿疹をともなう事が多いのが特徴です。

この病気は軽い方から重症の方まで症状に個人差がありかゆみが強い方は、そのかゆみで夜になっても眠れない方もいます。

アトピーによる湿疹ができやすい場所は、顔や首が代表的な場所です。

その他に、肘や膝のなど関節がありくぼんでいる箇所に多く見られるのが特徴になります。

アトピーは、幼児から大人までかかる可能性がありますが幼児期の特徴として口の周辺が赤くかぶれたような症状がでたり、首などに湿疹やかゆみがでる方が多いです。

少し大きくなると、身体や顔の乾燥がひどくなるのが特徴になります。

耳の周辺があかぎれのようになる、特有の症状も見られるようになるのもこの年代です。

思春期になると、下半身と上半身の症状を比較すると上半身がより重くなります。

このように、年齢によって症状が異なるので症状に気を付ける必要があります。

乳幼児から大人まで、アトピーの症状で悩んでいる方は多くいらっしゃいます。

では、アトピーとはどのような疾病でありどどのような症状が見られるのかご存知でしょうか?

この疾病は、アレルギーを起こしやす方に多く見られます。

患者の両親もしくは本人に喘息など他にもアレルギー症状がみられる方がいる方は注意が必要です。

複数のアレルギー症状が併発している方も多く見られます。

この疾病の特徴は、まずかゆみですがその他に湿疹や再発があります。

湿疹の種類には大きく分けて三種類あり、赤いものや水分を含んだものそして堅く乾燥した湿疹でかさぶたになるタイプです。

湿疹ができやすい箇所としては、顔や首そして膝の裏側などがありますがこれらは個人差があります。

これらについては、このサイトが参考になります。

アトピーの改善方法を見る

この様に、アトピーは、アレルギーと関係が深く、汗が貯まりやすい箇所に多く見られる皮膚疾患である事を知っておきましょう。